マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットではなく透明のマウスピースを歯に装着して歯並びを整える矯正治療です。

薄くて透明なマウスピースですので、目立たない事が最大の特徴です。
矯正治療中である事を周囲に気づかれたくない方、人と対面する事の多い社会人の方、結婚式などの大切な行事を控えている方などにはオススメの治療法であると言えます。

またマウスピース型の装置ですので自分で着脱する事が可能で、食事の時や歯磨きの時はマウスピースを外せるので、口腔内を清潔に保つ事が出来ます。

インビザラインとは

現在、世界には数十種類のマウスピース矯正システムがあります。その中で、最初にマウスピース矯正システムを開発したのが米国アライン・テクノロジー社です。アライン・テクノロジー社が開発したインビザラインシステムは世界中で1000万人以上の治療実績があり、世界の100ヵ国以上に提供されています。(2021年5月時点)

インビザラインの最大の特徴はiTeroという3D口腔内スキャナーによって精密なマウスピースをカスタムメイドできる事です。
ITeroは口腔内を3Dスキャンして精密な歯型をとり、3D治療計画ソフトがそのデーターを解析し、マウスピースを作成します。

インビザラインが他社のマウスピース矯正より優れている点は、膨大な治療実績のデーターを学習したAIが作成する精度の高い治療計画です。
患者様はiTeroによる精密検査の際に、スタートからゴールまでの歯の動きのシュミレーションをコンピュータ画面上で確認する事が出来ます。治療後の予測される歯並びを確認出来ますので、患者様にとっては矯正治療をするかどうかを判断する大きな手がかりになります。

初めの精密検査で全てのマウスピースをオーダーしますので、数週間〜1ヶ月毎に歯型を採取する必要がなく、来院時の治療時間も短縮できます。

どうして歯が動くの?

3D治療計画ソフトに従って、全顎矯正のインビザラインは30〜80段階、前歯部に特化したインビザラインGoの場合は約20段階のマウスピースを作製します。
このマウスピースを1日20時間、装着して頂き、7日毎に次の段階のマウスピースに交換します。これを繰り返す事で理想の歯並びに近づけていきます。

歯を動かすには適切な力を歯に加えなければいけません。
ワイヤー矯正ではブラケットというワイヤーを通す器具を歯の表か裏に装着します。ブラケットを付けている1点に力が集中するので痛みやダメージが大きい時は微調整します。

マウスピース矯正は装置が歯の全体を覆うので、歯にかかる力が優しいのが特徴です。特にインビザラインは、マウスピース1枚につき歯の移動量は0.25㎜以内になるように作製されていますので患者様の負担が少ないと言われています。

いのうえまさとし歯科医院ではインビザラインGoという前歯部に特化したマウスピース矯正を行っております。

前歯部というのは前歯から第二小臼歯(前から5番目の歯)を指します。

「前歯が出ている」「隙間がある」「八重歯が気になる」など前歯部の歯並びを矯正したい方にぴったりなのがインビザラインGoです。前歯部のみの矯正治療なので治療期間が短くて済みます。

インビザラインGoのメリット・デメリット

インビザラインGoのメリット

・目立たない

マウスピースは薄くて透明のプラスチックでできています。
装着していても、ほとんど周囲から気付かれません。

・自分で取り外しが可能

食事や歯磨きの際は取り外せるので衛生的です。

・ワイヤーで口腔内を傷つける事がなく、話しやすい

マウスピースは弾性のあるプラスチックでできていますので、舌や口腔内粘膜を傷つける事はありません。ワイヤーが切れたり外れたりする事もありません。

・痛みが少ない

マウスピースは1枚につき歯の移動が0.25mm以内になるように設計されています。
少しずつ歯を動かすので、従来の矯正に比べて痛みが少ないです。

・金属アレルギーの心配がない。

・通院回数が少ない。

治療計画時に全てのマウスピースを設計しますので、各段階で歯型をとる必要がありません。
また患者様自身でマウスピースを交換して頂きますので、従来の矯正に比べて通院回数が
少なくて済みます。

インビザラインGoのデメリット

・1日の装着時間を守っていただく必要があります。

マウスピースの装着時間は1日20時間以上を推奨しています。装着時間が短いと、計画通り歯が動かないので治療期間が長くなります。装着時間が長い程、治療効果が出やすく、治療期間も短くなります。

・適応できない症例がある。

インビザラインGoは前歯部(前歯から第二小臼歯)に特化した矯正治療です。適応症例かどうかは初回無料相談をご利用ください。

マウスピース矯正(インビザラインGo)治療期間と治療の流れ

治療期間

一般的には約3〜6ヶ月です

治療の流れ

1.初診カウンセリング

お口の悩みをお聞きします。どこの歯列を治したいのか、現在の歯並びにどんな不満不調を感じられているのか、またどんな歯並びを希望されているのかなど、どんなことでもお聞かせください
歯並びや噛み合わせを確認させて頂いた上で、治療内容と予想される治療期間、治療費についてご説明させて頂きます。

2.精密検査

虫歯や歯周病のチェック、歯科用CT撮影、口腔内および顔貌の写真撮影。

3.口腔内をデジタルスキャン

3D口腔内スキャナー(iTero)で患者様の精密な歯形データーをとります。

4.治療のシュミレーション画像を作製

米国のアライン・テクノロジーー社の3D治療計画ソフトによって患者様のデーターを解析し治療のシュミレーション画像を作成します。
治療開始から完了までの歯の移動を画像や動画で見ながらご説明いたします。

5.治療計画のご提案

検査結果と治療のシュミレーション画像をもとに可能な治療計画のご提案と以下のご説明をいたします。

・ 矯正治療を始める前に必要な治療があるか
・ アタッチメントをどこにどの様に付けるか
・ 抜歯やIPRが必要か、非抜歯を希望される場合のシュミレーション
・ 治療期間について

<用語説明>

IPR・・・歯が移動するスペースが足りない場合、歯の健康や寿命に問題のない程度に、歯の側面をわずかに研磨してスペースを作ること。
    
アタッチメント・・・歯に付ける白い突起で、マウスピースと噛み合う事によって歯の複雑なコントロールが可能になります。治療完了時には取り外します。

6.マウスピースの発注

7.必要な場合は虫歯、歯周病などの治療

矯正治療の途中で虫歯の治療で歯を削ったり被せ物を治療したりすると、最初に型取りしたマウスピースが合わなくなり計画通りに矯正治療が進まず、治療期間も長くなってしまいます。そのため虫歯や歯周病がある場合は、矯正治療を開始する前に治療をします。歯石がある場合も、矯正治療開始前に除去します。

8.矯正治療開始

治療期間中は以下の点を守りましょう。

■マウスピースを1日20時間以上、装着
食事の時以外は睡眠中もマウスピースを装着しましょう。
食事の後、間食後も歯磨きをしてからマウスピースを装着してください。

■マウスピースを1~2週間毎に交換する。
マウスピースをお渡ししますので毎日、装着して頂き、ご自身で1~2週間毎に次のマウスピースに交換していただきます。
  
お口の中の異常やマウスピースの破損がありましたらお早めにご連絡ください。
治療期間は患者様によって様々ですが、一般的に3~6ヶ月程度です。前歯部のみの矯正ですので短期間で終了します。

9.歯の移動を定期的にチェック

約1ヶ月毎に受診していただき、歯の移動、口腔内のチェックをします。

10.矯正治療完了 保定期間へ

治療が完了し歯並びが整いましたら、保定期間に入ります。
リテーナーというマウスピース型の保定装置を歯科医の指示に従って、装着してください。保定期間中は定期的に受診して頂くことをおすすめしています。

治療後の「後戻り」を防ぐために

これはワイヤー矯正でも同じですが、矯正治療中は力が加わって理想の位置に並んだ歯が治療後、解放されて元の位置に戻ろうとします。これを「後戻り」と言います。「後戻り」は歯を支えている歯槽骨がまだ安定していないために起こる現象です。そもそも歯が動くのは、「歯が動く」というよりは動かしたい歯を支えている骨が歯に合わせて変化しているからです。変化のために骨の破壊と添加(骨を増やしていく)を繰り返していくのですが、治療直後はまだ骨が十分に安定していません。このため矯正治療後は一定期間、リテーナーを装着する必要があります。
リテーナーを装着する時間と期間は定期検診で診断いたします。

マウスピース矯正のリスク

マウスピース矯正にもリスクがあります。メリットだけでなくデメリットやリスクについても理解していただく事で、より良い治療結果を目指していきます。

・取り外しが可能ですので歯磨きはし易いのですが、長時間装着するため歯磨きが出来ていないままで装着すると虫歯や歯周病を招く事があります。
・マウスピースの装着時間が不十分ですと、治療期間が延びる場合があります。
・歯を移動させるスペースが足りない場合は、抜歯をおすすめする場合があります。
・歯の根が短くなる「歯根吸収」、歯肉が下がる「歯肉退縮」が生じる事があります。
・矯正治療終了後はある程度の歯の移動があります。
・保定装置(リテーナー)を指示通り使っていただけない場合は元の歯並びに戻る場合があります

※マウスピース型矯正装置(インビザラインGo)について

インビザラインGoは厚生労働省の認可を得たものですが、完成物薬機法対象外の矯正装置であり医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
日本で「医療機器としての矯正装置」として認められる条件は「日本の国家資格を持つ歯科医師または歯科技工士」が「薬事承認を受けた材料」を使用して製作したもの、または「薬事承認された既製品」である事です。インビザラインのマウスピースは海外で、しかも患者様ごとにカスタムメイドされていますので完成物薬機法対象外となります。

マウスピース型矯正装置(インビザラインGo)には世界の100ヵ国以上、900万人以上の治療実績とデーターがあります。歯列矯正が潜在的に持つリスク以外でマウスピース型矯正(インビザラインGo)固有の重大な副作用の報告はありません。

iTero(3D口腔内スキャナー)エレメント5Dとは

インビザラインの最大の特徴であるiTeroという3D口腔内スキャナーを使用する事で、型取りを快適にするだけでなく、より精密で安全な治療をスピーディーに行う事が可能です。

iTeroのメリット

①印象材を使わない快適な型取り

従来の粘土のような印象材を口に入れて我慢する必要はありません。
お口の中を約5分、スキャンするだけで型取りが完了します。
また型取りに失敗してやり直す、というような事もありません。

②スキャンした情報と治療のシュミレーションを、その場で確認できる

スキャンしたご自分の歯並びや状態をすぐにモニターの3D画像で確認できます。
ITeroでスキャンした情報をもとに治療シュミレーションが作成され、治療のスタートからゴールまでの歯の動きを見る事ができます。どの程度、歯並びが改善されるのかご理解、納得いただいた上で矯正治療をするかどうか、ご判断していただけます。

③治療開始がスピーディー

iTeroが開発されるまではシリコン印象材で作った歯型をアメリカに空輸していました。iTeroでスキャンしたデーターをオンラインでアメリカのアライン・テクノロジー社に送る事で、以前より1〜2週間早く治療が開始できるようになりました。

④精度が高い

ITeroは1秒間に6000枚の画像を取り込みながら、歯の形態と歯並びをデジタルデーター化します。従来の人の手で行う歯型取りに比較すると飛躍的に精度が高いマウスピースを作製する事が可能になりました。このため、より緻密な治療計画を実現出来る様になりました。

⑤安全性

3D口腔内スキャナーが照射する光は放射線ではないので体に害はありません。
従来のシリコン材を誤飲する心配もなく、スキャナーの先端部分は1回きりの使い捨てです。


ー 費用 ー

治療開始から完了後の保定期間も含めてかかる費用を全て含むパッケージ料金です。
自費治療となります。(医療費控除についてはこちら

◎表示価格はすべて税込みです。

相談
 まずはご相談からお気軽にどうぞ
無料
検査・診断料
 治療の流れ【2】〜【4】
 精密検査、口腔内のデジタルスキャン、
 シュミレーション画像の説明までを含む
20,000円
矯正費用 ◎以下の全てを含む
 矯正装置(インビザラインGo)
 通院毎の調整料 *1
 リファイメント *2
 リテーナー(保定装置) *3
380,000円

*1 通院毎の調整料
医院によっては通院毎の調整料が設定されている場合がありますが、当院では全て上記矯正費用に含みます。

*2 リファイメント
全ての段階のマウスピースを装着完了後、治療計画と実際の歯の移動の誤差を修正する為にマウスピースを追加作製する事を言います。
当院ではリファイメント1回分をパッケージ料金に含んでいます。

*3 リテーナー(保定装置)
矯正治療完了後、歯の後戻りを防ぐためにリテーナーという保定装置を作成します。(治療後1年間に限る)

大人の矯正

何歳になっても、歯が健康なら矯正治療は始められます。
矯正治療をしたいと思った時が始める時。

お子様の場合は永久歯がほぼ生え揃った小学生高学年から高校生の間に顎の骨の成長などの状態を確認して始めます。

一方、大人の方は顎の成長が完了していますので、何歳からでも治療ができます。
「歯並びを治したい」と思われた時がマウスピース矯正を開始する時期とも言えます。

大人の矯正治療で問題となるのは虫歯や歯周病で歯や歯周組織、歯を支えている歯槽骨にダメージがある場合です。その場合は虫歯や歯周病の治療をしてから矯正治療を開始しますので、検査をした上で治療計画や治療期間などのご説明をいたします。

男性の方も女性の方も、20代、30代はもとより、60代以上の方も矯正治療を受けておられます。
今まで気になっていた所、思い切って治療してみませんか?

記事監修 : 安東 亮宏
(京都市左京区 いのうえまさとし歯科医院勤務)
京都大学 医学博士。日本口腔外科学会指導医。日本口腔外科学会評議員台北医学大学臨床教授。厚生労働省歯科医師臨床研修指導医。1976年6月に台北医学大学歯学部を卒業。1990年1月に京都大学医学博士学位を受領。1997年4月より大津赤十字病院歯科口腔外科部長として勤務し、2015年3月に退職。2015年4月より「いのうえまさとし歯科医院」に勤務。

関連記事

ページ上部へ戻る