All on 4(オール・オンフォー)について教えてください。

Case No.6
「All on 4(オール・オンフォー)とはどういった治療方法ですか?」

All on 4(オール・オンフォー)について教えてください。


All-on-4とは、歯のない顎に対し4~6本のインプラントですべての歯を支える最新の治療法です。



その特徴として、

1.インプラントの本数を少なくできるため、

a.手術時間を短縮できる。

b.治療費を抑えることができる。

2.手術当日に噛める歯を入れることができる。

などが挙げられます。

この方法はポルトガルのDr.Paulo Maloにより考案され、クリニカマロでは世界中からこの治療を受けに患者さんが集まり、年間1,000例を超えるAll-on-4が行われていると聞きます。相談員 : 井上 祐利は、リスボンのクリニカマロでAll-on-4の研修を受けております。

さらに当院ではこの方法に独自の工夫を加え、ノーベルガイドを用い、抜歯→インプラント埋入→仮歯までをたった1日で行うことが可能です。
またノーベルガイドを用いた手術では歯ぐきの切開を行わないので、術後の出血、痛み、腫れがほとんどありません。


ご相談者 : A.Iさん (主婦/50歳 奈良県橿原市)

相談員 : 井上 祐利
(京都市左京区 いのうえまさとし歯科医院院長)
1965年京都生まれ。大阪大学歯学部を卒業し、京都大学口腔外科学教室にて研修後、関連病院にて研鑽。京都大学大学院医学研究科外科系専攻(再生医科学研究所臓器再建応用分野)にて医学博士取得。京都大学にて、再生治療分野における特許を取得。同研究所で歯牙の再生とインプラントについて指導、研究を行う。2001年11月、京都市左京区に「いのうえまさとし歯科医院」開院。

関連記事

ページ上部へ戻る