仮歯用のインプラントがあると聞いたのですが、どんなものですか?

Case No.8
仮歯用のインプラントがあると聞いたのですが、どんなものですか?

仮歯用のインプラントがあると聞いたのですが、どんなものですか?


インプラントには様々な種類のインプラントがあります。
その中のひとつに一時的な仮歯を入れるための細いインプラントがあります。
IP インプラント(Immediate Provisional Implant)と呼ばれるものです。
歯科インプラント手術後の治癒期間中に暫定補綴物(一時的な仮歯)を支持する一時的なインプラントのことです。
即時装着する暫定的な仮の歯は、歯科インプラント治癒期間中、ご自身の歯として使用することができます。



Immediate Provisional Implant – IPインプラントは 直径 2.8mm で、皮質骨に埋入する1ピース構造のインプラントです。
即時および短期間の負荷を目的に設計され暫定補綴物として使用します。



ご相談者:K.Nさん (主婦/40歳 滋賀県彦根市)

相談員 : 井上 祐利
(京都市左京区 いのうえまさとし歯科医院院長)
1965年京都生まれ。大阪大学歯学部を卒業し、京都大学口腔外科学教室にて研修後、関連病院にて研鑽。京都大学大学院医学研究科外科系専攻(再生医科学研究所臓器再建応用分野)にて医学博士取得。京都大学にて、再生治療分野における特許を取得。同研究所で歯牙の再生とインプラントについて指導、研究を行う。2001年11月、京都市左京区に「いのうえまさとし歯科医院」開院。

関連記事

ページ上部へ戻る