インプラントのよくある質問

今回は、インプラントについてよく聞かれることが多い疑問にお答えしていきたいと思います。

>インプラントとは?

インプラント手術前の悩み

インプラントはどのような人が向いているの?

インプラントは歯を失った部分にチタン製のインプラント体を埋入し、人口歯を装着して噛む機能を回復させる治療法です。ブリッジと違い天然歯に影響を与えにくい形で治療ができるというメリットがあります。ここではインプラントに向いている方をご紹介しましょう。

歯が抜けてしまった方
歯を失うと以前の感覚で物を噛むことが困難になり、放っておくと顎の骨が吸収されてしまいます。自分の歯で噛んでいる感覚を取り戻すことで、天然歯を守りやすくなります。

・入歯が合わないと感じる方
入歯は再製作やこまめな手入れが必要になりますが、インプラントは人口歯茎に人口歯を埋め込むため調節や取り外しての手入れがないため、扱いやすくなるでしょう。ただしインプラントは別途メンテナンスが必要となりますので、詳細は事前に確認しましょう。

>インプラントのメンテナンスについてもっと詳しく

・歯の見た目を重視したい方
インプラントは天然歯と近い見た目に仕上がるのが特徴のひとつです。特に職業柄見た目を重視されたい方にぴったりな治療法でしょう。

・残っている天然歯を大切にしたい方
インプラント治療は口内の他の歯に影響を与えにくい形で治療を行うことができます。歯を失って改めて大切にしたいとお考えの方はぜひインプラント治療を検討してみて下さい。

インプラントを受けられる年齢は?

インプラント治療には行うのに適している年齢の条件があります。それは一定以上の年齢であるということです。一般的には20歳以上、医院によっては18歳以上との規定を設けているところもあります。
理由はインプラントを埋め込む顎の骨の成長が、子供の頃に行われるからです。多くの人は18歳頃までに全ての永久歯が生え変わると言われています。成長中にインプラント治療を行うと顎の骨が成長し噛み合わせが変わってしまう可能性があるのです。ですからインプラント治療は一定以上の年齢の方でないと受けることができません。
ただし20歳以上であれば必ず受けられるというものではありません。その他の状況などによっては難しい場合もあります。

インプラント治療が難しいケースは?

インプラントは骨量や骨質の状況、全身疾患や服用しているお薬によっては治療を受けることができない場合があります。インプラント治療を受けるか悩んでいる方は、通院している病院に相談してみてください。
また、ヘビースモーカーで禁煙の意志が全くない方もインプラント治療には向いていません。喫煙することで、口内の毛細血管が収縮し血行が滞ることによって歯周病が進行しやすくなってしまいます。その状態で手術を行うとインプラント周囲炎のリスクが高まります。禁煙の意志がない方はインプラント治療が難しいと言われています。

インプラント治療を受けるために必要な検査とは?

インプラント治療を受ける前に、手術が行える状態であるのか診断するための検査があります。実際にどんなことをするのか、ご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。治療を受ける前に検査について詳しく知っておきましょう。

・問診
まずは患者様自身にお身体の状態を申告していただく問診があります。持病やアレルギーはないか、今までにかかった病気がないかをお聞きします。インプラント治療には、罹っていると治療が行えない疾患やアレルギーがあるのでその確認、または手術において気を付ける点がないかを確認するために必要なのです。
問診を終えた後は、精密な検査に移ります。検査をしっかりと行うことでインプラント治療の精度を高め、成功に繋げることができるのです。
インプラント治療を行うことが難しい疾患の例をご紹介します。

・糖尿病
・血液疾患
・心臓疾患
・肝臓疾患
・骨粗しょう症
・顎の骨質不良
・チタンアレルギー
・重度の歯周病

・血圧検査
血圧が一定値以上になると手術時に血圧が上昇してしまい、お体に異常が生じる恐れがあります。

・口腔内写真
お口の中を撮影し、現状の確認をします。患者様一人一人の状態を把握することでより最善の治療ができるために必要なものです。

・血液検査
問診で申告された疾患以外に罹っている疾患がないか、金属アレルギーがないかなどを改めて確認します。患者様のお身体の状態を把握するために必要不可欠な検査のひとつです。

検査はインプラント治療を安全に行うために必要な判断材料です。治療をお考えの方は、歯科医に相談してみて下さい。

インプラント手術の悩み

インプラント手術はどのくらい時間がかかるの?

インプラント治療はお口の状態や本数によって異なります。一般的に、インプラント1本の場合は30~60分程と言われています。インプラント3本の場合は加えて15~30分かかります。また、インプラント手術と同時に骨再生術を行う場合は10~30分で終わりますが、事前に骨再生術を行う場合は90分ほどかかることもあるそうです。
手術時間は治療方法や本数によって大きく変わるので、歯科医に相談しましょう。

インプラント治療中の歯はどうするの?

インプラントが骨に定着するまでにある程度の時間がかかるので、その期間に仮歯を使用することになり。仮歯を入れて様子を確認する期間はお口の状況や治療方法によって異なります。歯を早く入れたいという方は、インプラント埋入したその日に仮歯を入れる治療法もあるので、まずは歯科医に相談してみてください。
仮歯はインプラントが骨に定着するまでの間、細菌から治療箇所を守る役割があります。口内には数多くの細菌が存在しているので歯磨きなど予防することが大切です。

インプラント手術後の悩み

インプラント手術後すぐに仕事ができるの?

インプラント手術は数回の工程が必要になる場合があるため、お仕事に支障をきたさないかと気になる方もいらっしゃると思います。
インプラントは外科的な手術となるため、治療が終了してもすぐに今までと同様の活動ができるとは限りません。手術当日、そして可能であるならば次の日も安静にしておくことが理想です。ゆっくり休むことで早期回復につながります。
インプラント手術には麻酔を使用します。長時間効果のある量の麻酔を摂取するので切れてくるまでに時間がかかり、その間安静にしていただく必要があるのです。また術後は腫れや痛み、若干の出血が伴います。個人差がありますが一週間程度で回復します。生活に支障をきたす程度ではありませんが、激しい運動などをすると症状が落ち着かなくなる可能性があるのでやはり安静にするべきでしょう。
手術後でもできる仕事、と言い切ることは一概にできませんが、激しく動く仕事や口を使うお仕事でなければ回復状態によってはできるかもしれません。もし不安がある場合は、専門医に相談してみて下さい。

インプラント手術後に好きな物を食べられるの?

インプラント手術をした際、その箇所は傷口になっています。ですから傷の状態に合わせて食事を選ぶよう気を付けてください。手術直後は傷口に負担をかけない、柔らかい食べ物が適しています。おかゆやスープなど、あまり噛まなくても飲み込むことができる食事がおすすめです。
手術から一週間程度経過したら、柔らかい煮物やうどんなどに移行していきましょう。フルーツも柔らかく栄養価が高いので取り入れていきましょう。一か月程経ったら、噛む練習をかねた一般的な食事に戻していきましょう。その際、極端に硬い食べ物は避けてください。インプラントで快適な生活を手に入れるために適当な食事を心がけましょう。
また、避けた方が良い食べ物もお話ししておきたいと思います。香辛料の入った食べ物や辛さが極端に多い、刺激の強い食べ物は手術後には控えてください。口内が腫れる、または出血の原因になってしまいます。炭酸水や、熱すぎたり冷たすぎたりする食べ物も刺激になります。アルコールは血行を促進させ、出血が止まりにくくなるので避けましょう。

記事監修 : 井上 祐利
(京都市左京区 いのうえまさとし歯科医院院長)
1965年京都生まれ。大阪大学歯学部を卒業し、京都大学口腔外科学教室にて研修後、関連病院にて研鑽。京都大学大学院医学研究科外科系専攻(再生医科学研究所臓器再建応用分野)にて医学博士取得。京都大学にて、再生治療分野における特許を取得。同研究所で歯牙の再生とインプラントについて指導、研究を行う。2001年11月、京都市左京区に「いのうえまさとし歯科医院」開院。

関連記事

ページ上部へ戻る