インプラントのメンテナンス

インプラント(人工歯根)の特徴は、入れ歯やブリッジに比べ長持ちしやすく、噛み心地をはじめ天然歯に近い機能を持つことにあります。しかし生活習慣や口内環境によっては、平均よりも耐久期間が短くなってしまう可能性があります。長く付き合っていくためには、適切なメンテナンスも必要不可欠です。

ここからはインプラントにメンテナンスが必要な理由、一般的なインプラントのメンテナンス方法等について見ていきましょう。

メンテナンスが必要な理由

対してインプラントの平均寿命が他の人口歯に比べ長めに設定されているのは素材に理由があります。インプラントに主に使われる純チタンやチタン合金は、腐食しにくい材質です。天然の歯とは違い、被せ物の人口歯部分が虫歯にはなりません。

ですがインプラントには、天然の歯と同様に日々のメンテナンスが必要です。その理由はメンテナンスを怠ることで様々な危険が考えられることにあります。また自宅にてこまめなプラークコントロールを心掛けていても、どうしても磨き残しができてしまう可能性があります。ご自身での日々の管理に加え、歯科にて定期的な健診やメンテナンスを受けることで早期の発見や対処に繋がり、耐久期間を延ばせる可能性もあるでしょう。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、インプラントを装着している周囲の歯茎などの組織が細菌によって炎症や出血といった歯周病に近い症状を起こすことをさします。細菌は歯石などの中に存在していて、口内で溜まることでインプラント周囲炎を引き起こしやすくなります。特に歯周病で歯を無くしてインプラントを付けた場合、一般的には口内に歯周病原菌が平均よりも多く存在する傾向が見られます。

インプラント周囲炎の症状は、歯周病と同様に歯茎の腫れや出血から始まります。しかし歯周病よりもインプラント周囲炎の方が、症状の悪化する速度が速いことも多いです。天然の歯には細菌から歯を守る膜(歯根膜)が存在していますが、インプラントにはそれがないため細菌が直接侵入してくる可能性があるからです。また周囲炎であるという自覚症状が無い方も珍しくありません。

インプラントの不具合(破損、ズレ等)

無意識のうちに食いしばりや歯ぎしりの癖がある方は、気付かない内にインプラントにダメージを与えている可能性があります。また噛み合わせが悪い場合もインプラント部分に日常的に負担がかかり、劣化の原因に繋がっているかもしれません。そうした過度な負担の積み重ねが、インプラントのぐらつきを引き起こしたり、被せ物の破損を招いたりすることがあります。ですがインプラントの構造上、こちらも自身で発見するのが難しいです。

例え不具合が発生した場合でも、早期に発見できれば状況に合わせて改善したり、不具合により引き起こされる症状を防いだりしやすくなります。状態の維持、そして不具合が起こる前に早期の処置を施すためにもメンテナンスは必要になってくるのです。

インプラントのメンテナンス方法

医師による定期検診

インプラントを長く快適に使っていくためには、医師による定期検診がかかせないと言えるでしょう。また定期検診は日々の口内の衛生状態を清潔に守ることにも繋がります。インプラントに起こる不具合を事前に対処し改善ができるだけでなく、より良い歯を長く維持し、残っている歯を守ることにも繋がります。口内は自身の目で確認しきれない部分がたくさん存在しています。自分の状態を確認するためにも定期的な検診が有効です。

1)口内の検診
インプラントは自然な歯と同じような感覚で使用することができるところが魅力です。しかし使っている内に痛みや違和感が生じた場合、インプラントが正常に機能していない可能性があると考えられます。そういった不具合がないか医師に確認してもらうこと、そして事前に防ぐようにするためにも定期的に専門家に検診してもらうことが大切なのです。
またインプラントのみならず口内を適度に検診することは天然の歯の虫歯予防にも繋がります。

2)噛み合わせのチェック
実は噛み合わせは日々少しずつ変わっていきます。噛み合わせのバランスが悪くなってしまうとインプラントに大きな負担がかかってしまい、不具合が生じる場合があります。人口歯が割れてしまったり、インプラントがぐらついてしまって外れてしまったりすることもあるかもしれません。
さらに噛み合わせのバランスが悪くなると、インプラント部分だけでなく残った天然の歯にも負担がかかります。少しずつ変化していく噛み合わせを把握し修正していくことが歯を守ることにも繋がるのです。
噛み合わせは自分だけでは確認しきれないことでもあると思うので、定期的にチェックしてもらうことを心がけた方がいいでしょう。

3)クリーニング
自宅で行うメンテナンスは口内の衛生状態を保つために必要ですが、自分で汚れを落としきることは難しいでしょう。完璧に磨けたつもりでも、専用器具を使用しないと除去できない汚れや歯石が存在しているかもしれません。これを専門家に処置してもらうことで、口内の清掃だけでなく虫歯の早期改善やインプラント周囲炎の予防に繋がっていくのです。

4)歯磨き指導
歯磨きは人によってそれぞれ癖があるようです。苦手な部分に汚れが残りやすく、その場所から虫歯になっていきます。正しい歯ブラシの磨き方や歯間ブラシなどの使い方の指導を受けることで、自分の癖を知り毎日の歯磨きを改善していくことが可能です。これにより清潔な衛生状態を保つことができるようになるでしょう。
セルフケアグッズは個人によって向き不向きがあるので、購入の際には専門家に相談してみるといいかもしれません。

自宅での歯磨き

自分でできるメンテナンスで大切なのは、お口の中の状態を清潔に保つことにあります。汚れがついていない状態を長く続けることが重要です。まずは毎日の歯磨きを丁寧に行いましょう。インプラント部分は原則、天然の歯と同じ方法で歯を磨いてかまいませんが、心配な場合は担当医師に相談することをおすすめします。

気に掛けてほしい箇所はインプラントと天然の歯の隙間。表面に出ていない部分は磨き残すことが多く汚れが溜まりやすいです。歯間ブラシやデンタルフロスを有効に使って汚れを取り除いていきましょう。

1)歯の隙間をきれいにするセルフケアグッズ
デンタルフロスを使用する場合、インプラントが外れやすくなってしまう原因になる可能性があります。使用する場合は、指に巻き付けて扱うタイプのデンタルフロスを横側から抜き出すようにして使ってみる方がいいかもしれません。また自分の歯に合っていない器具を使用すると、歯茎を傷つけてしまう原因になるので専門家の方に相談してから使用してください。
細かい部分を集中的に磨くのに使用されているタフトブラシというものもあります。通常の歯ブラシに比べてヘッドが小さく、隙間を磨きやすくするために作られた歯ブラシです。歯磨きをした後の磨き残しを無くすためにひと手間加えてみましょう。特に歯の間や歯並びが悪い箇所、磨きにくい奥歯を清掃するのに向いています。

2)電動歯ブラシ
電動歯ブラシを使うというのも、自分でできるメンテナンスとして有効的です。モーターを活用している電動歯ブラシは振動で細かい汚れも除去することができます。手で動かして磨くよりも、より高い清掃効果が望めるでしょう。
電動歯ブラシよりも振動数が多いものが、音波ブラシや超音波ブラシです。これらは歯ブラシを当てた部分の周囲の汚れまで除去する効果があることが魅力のひとつになります。超音波ブラシはそれに加えて、歯の周辺組織の回復も見込まれると考えられています。
電動歯ブラシは簡単に磨けるのも魅力ですが、通常の歯ブラシと同様に長時間使用すると歯の表面や歯肉を傷つけてしまうことがあります。購入の際には専門家に一度相談して最適なものを選び、正しく使用してください。

記事監修 : 井上 祐利
(京都市左京区 いのうえまさとし歯科医院院長)
1965年京都生まれ。大阪大学歯学部を卒業し、京都大学口腔外科学教室にて研修後、関連病院にて研鑽。京都大学大学院医学研究科外科系専攻(再生医科学研究所臓器再建応用分野)にて医学博士取得。京都大学にて、再生治療分野における特許を取得。同研究所で歯牙の再生とインプラントについて指導、研究を行う。2001年11月、京都市左京区に「いのうえまさとし歯科医院」開院。

関連記事

ページ上部へ戻る